« 「ラマダン・ムバラク」、今日から断食月 | Main | 自分の細胞として人類を眺めると、 »

August 22, 2009

中学生は「お玉じゃくし」

昨日夕方、会社帰り電車の中で見かけた中学生の女の子達の集団が、何だか、「お玉じゃくし」のように思えて、可笑しかった。

私は、「お玉じゃくし」は、子供時代に山ほど見て来たし、成長して行く様をよく観察していた。

中学生の女の子達は、子供から成人へ向かう中間的存在だから、何だか、カエルになる前の「お玉じゃくし」みたいに見えて可愛かった。如何にも過渡期って感じで、どっちつかずの不安定さ。しかしそれは、健康的な成長過程でもある。

人間も、カエルみたいに、同じように、形態を変えながら、生きているんだろうなーと思って、可笑しかった。

電車の中にも、小さな驚きが溢れている。

|

« 「ラマダン・ムバラク」、今日から断食月 | Main | 自分の細胞として人類を眺めると、 »

Comments

 こんにちは。
 おたまじゃくしはかわいいですよね。この前千葉県に行った際、田んぼに大量のおたま達がたむろしていました。できればもって帰って自宅で育てたかったのですが・・・持ち帰るための道具が手元になかったです。
 おたまじゃくしは可愛いですね。あれが蛙になるとは。蛙も蛙で愛嬌がありますがsun

Posted by: Okada | August 25, 2009 at 06:25 PM

Okada san,おたまじゃくしや蛙は、子供時代を想い出させてくれて、民話やおとぎの世界へ誘ってくれますね。

Posted by: life-artist | August 25, 2009 at 11:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「ラマダン・ムバラク」、今日から断食月 | Main | 自分の細胞として人類を眺めると、 »