« 美男・美女の寂しさ | Main | 「良いもの」、即ち「恐怖のもと」 »

August 10, 2009

洗濯器の中の渦潮からの脱出

その時はアッと云う間でも、後から想い出すと、色んなことを想い出し、結構長く感じられる時間がある。そのような時間を、私は充実した人生と呼ぶ。10代の頃、そして今、そう生きたいと思っている。

その時は、長く感じても、後から想い出すと、印象が薄く、アッと云う間に感じられる時間もある。それは、私にとって、長く過ごして来た会社での時間がその代表。

長く過ごしても、洗濯器の渦潮の中で翻弄される蟻んこのように、グルグル回っているだけの、人生もある。

私は、そのグルグル回る水流から、やっと飛び出し、洗濯器の外を眺めている心境。洗濯器の外には、おとぎの国のような、世界がいっぱいに拡がっていたように思う。

そして、ほのぼのと想い出すことの、多いことに、人生への感謝が湧いて来る。

|

« 美男・美女の寂しさ | Main | 「良いもの」、即ち「恐怖のもと」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 美男・美女の寂しさ | Main | 「良いもの」、即ち「恐怖のもと」 »