« 「もう、お兄ちゃんなんだから」、「お姉ちゃんなんだから」と云う気持ち | Main | 弟にプロレス技、そしてオリーブ先生との遭遇、2009年夏 »

August 16, 2009

蝉のメスになった気持ちで蝉の声を聴いてみる

蝉は、オスが鳴き、メスは鳴かない。私は、ちっちゃい頃から、蝉捕り名人だったから、知っている。

最近、蝉の鳴き声を聴くと、蝉のオスは、メスを惹きつけるために大声で鳴いているのだろうと思うようになった。そう思って、一つ一つの蝉の声を聴いていると、誠に味わい深い。

中には、民謡大会のように、すごいこぶしの効いた節回しで、鳴いているのもいるのだろう。江差追分を歌っているのもいるだろうし、北海盆唄もいるだろうか?

そう思って、自分が蝉のメスになった気持ちで、蝉の声を聴いてみると、これも笑ってしまう。

|

« 「もう、お兄ちゃんなんだから」、「お姉ちゃんなんだから」と云う気持ち | Main | 弟にプロレス技、そしてオリーブ先生との遭遇、2009年夏 »

Comments

 私は毎年蝉を一匹は捕まえています。(捕まえたら勿論すぐに無傷で自然に返します。)
 蝉を捕まえると、「夏だなあ」という感じがするのです。
 蝉のメスは鳴かないんですね。では、いつもミンミン鳴いているのはオスですか。顔ではオスかメスかの見分けがつかないですね。

Posted by: Okada | August 20, 2009 at 07:23 PM

Okada san;

「蝉を捕まえて、夏を感じる」、そうですね。まさに同感です。私も、大人になってからは、数時間の拉致後、無傷で逃がすこととしています。

子供時代は、夏休みの宿題に、注射したりしていました。懺悔です。

Posted by: life-artist | August 21, 2009 at 06:50 AM

こんにちは。
 最近は、路上に転がっている蝉を救出する活動をしています。
 短い蝉の一生なのだから、アスファルトの上で人間に足蹴にされながら息絶えるよりも、土の上で自然に還りながら亡くなるほうが幸せなのではないでしょうか。

>子供時代は、夏休みの宿題に、注射したりしていました。懺悔です。
 え?蝉って堅そうなのですが、注射できるんですか?針がささるんですね。

Posted by: Okada | August 25, 2009 at 06:18 PM

Okada san;私もよく、最近は、路上で死にかけてる蝉の救出作戦やっています。拾い上げて、茂みや木に返します。

小学生の頃、蝉に注射することは出来ましたよ。今考えれば、A級戦犯ですね。蝉の法廷では、私は蝉に注射した罪状で、裁かれそうです。また懺悔。

Posted by: life-artist | August 25, 2009 at 11:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「もう、お兄ちゃんなんだから」、「お姉ちゃんなんだから」と云う気持ち | Main | 弟にプロレス技、そしてオリーブ先生との遭遇、2009年夏 »