« 自分の細胞として人類を眺めると、 | Main | 健康と衣食住で60点、 »

August 24, 2009

2040年の人口構成に愕然

パソコンソフト、マイツールの会の夏季セミナーに参加して、マイツールを使った人口統計の推計の講演に、驚いた。30年前と、現在と30年後は、完璧に違った社会がそこに存在していることが、まざまざと感じられた。

団塊の世代と団塊ジュニアまでは、ふたこぶ山が出来ているが、団塊ジュニアの子供時代からは、もはや少子化で人口のこぶは無く、富士山のように、団塊ジュニアを頂点に右肩上がりの人口構成化して行く。

そして、団塊の世代は定年を迎えても、日本の社会は、飽くまでも、団塊の世代を中心に動いていく。

多数派(団塊世代)が、小数派に支えてもらうのは甘い。これからは、団塊の世代の、苦難の時代の到来も感じる。

健康と衣食住を甘く見てはいけない。団塊の世代は、健康と衣食住を軽んじたとき、大変なことになってしまう。核家族化、個人主義化を、押し進めて来た、社会は、大きなつけを払うことになる。

健康と衣食住がなんとかなれば、個人主義の気楽さに惹かれる。健康と衣食住を脅かされた時に、初めて個人主義の裏に潜む孤独の怖さに気付く。蟻とキリギリスの寓話を想い出す。健康と衣食住の確保、最優先課題であることを想った。


|

« 自分の細胞として人類を眺めると、 | Main | 健康と衣食住で60点、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自分の細胞として人類を眺めると、 | Main | 健康と衣食住で60点、 »