« 中学生は「お玉じゃくし」 | Main | 2040年の人口構成に愕然 »

August 23, 2009

自分の細胞として人類を眺めると、

一人の成人の細胞は60兆個の細胞からなる。この60兆の細胞と、世界の人類65億人を、同じと想定して試る。

道を歩く通行人を見て、あれは、私のガン細胞だとか、あっ善玉菌だとか、あれはどう見ても悪玉菌だとか、連想して見ると、結構楽しめる。あれは胃の細胞さんだな。ありゃ、心臓さんじゃないかなとか。

いずれにしても、全てが自分を構成する細胞なんだから、暖かく見守らなければと思う。それぞれの役割、ご苦労さまと思う。

65億の人間が、ガヤガヤ騒ぎながら、一つの生命を維持している。それと、私が、同じような存在と思えば、全ての細胞、人々が愛おしくなる。

私は、「みんな、持ち場で頑張れ!」と、内心、気合いを入れてやったりする。

|

« 中学生は「お玉じゃくし」 | Main | 2040年の人口構成に愕然 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 中学生は「お玉じゃくし」 | Main | 2040年の人口構成に愕然 »