« 「いってらっしゃい」の響き | Main | 人生観覧車 »

August 29, 2009

「のりピー」と、「大日如来」

覚せい剤事件の"のりピー"の足にあったタトウーが、"大日如来"を意味する梵字であったことを報道で知った。

そう云へば、暴走族や、堕ちゆく人々が、梵字をよく好むのに、私は、何時も、アンバランスな不思議さを感じていた。でも、今は、ちょっと、彼等が本能的に梵字に憧れる意味が分かる気がする。

何か、得体の知れないエネルギー、衝動に駆られて、人生の軌道が逸れて行く時、深い谷へ墜ちて行きそうな時、彼等は、遠くの天空に、微かな灯りを見上げて、それを梵字に表しているのだろうと思う。

それは、人間の神性の証拠。"のりピー"の犯罪は、厳しく処罰されなければならない。彼女の人生は終わった。だが、私には、彼女の"大日如来"のタトウーには、大変大きな衝撃を受けた。彼女は、自分の犯罪を通して、自身の人生を壊して、人々に何かを伝えたのだと思う。"のりピー"の"大日如来"への憧れは、痛い程分かるような気がする。

|

« 「いってらっしゃい」の響き | Main | 人生観覧車 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「いってらっしゃい」の響き | Main | 人生観覧車 »