« 草の香り、蝉の声 | Main | 地下鉄の窓の鏡、喜劇俳優との出会い »

August 05, 2009

観察する生き方

自分の人生を、他人事のように、ただ観察するように生きてみるのも、力が抜けて、新鮮で、心地好い。興味深く、野次馬的に、自分の人生の展開を眺めてみる。ちょっとした映画鑑賞気分にもなれる。

自分の力で、自分の描いたシナリオで、自分の理想通りに生きようとすると、疲れ果てて、病気になってしまいそうに思う。自分の美学のために命を落とす人だっている。

「こうあるべきだ」と云う生き方の息苦しさを思う。

「ヘー、こうなってたんだ」と好奇心いっぱいに、周りを観察する生き方は、宇宙のリズムに合ってるように思う。人生に心地よく、漂うって感じが好い。

|

« 草の香り、蝉の声 | Main | 地下鉄の窓の鏡、喜劇俳優との出会い »

Comments

ふっと方の力が抜ける、素敵なお話。。

堀文子さんの検索をしていて、こちらのブログに出会いました。
これからも楽しみにしています。

Posted by: 花 | August 05, 2009 at 06:03 PM

花さん、堀文子さんのこと、NHKの新日曜美術館で見てから、ブログにも書きました。堀文子さんの、蜘蛛の巣に対する、美の発見は、強烈な印象でした。

私の人生観で、ふっと力が抜けるように思って頂けて、嬉しく思います。コメントありがとうございました。

Posted by: life-artist | August 05, 2009 at 10:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 草の香り、蝉の声 | Main | 地下鉄の窓の鏡、喜劇俳優との出会い »