« 惜別の日 | Main | 盆踊りにポニョの歌、2009年の夏 »

August 01, 2009

かぐや姫を送るように、

人生の出遭いと別れを、かぐや姫を送るように思えばよい。

かぐや姫を送り出した後、夜空を眺める。

この世に、この私の傍に、いてくれてありがとう。と云う気持ちで、月を眺める。

そんな、別れなら、寂しさは、いつか、隠し味となって、ほのぼのとした想い出になる。

|

« 惜別の日 | Main | 盆踊りにポニョの歌、2009年の夏 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 惜別の日 | Main | 盆踊りにポニョの歌、2009年の夏 »