« 地下鉄の窓の鏡、喜劇俳優との出会い | Main | 荘厳で、心地好い孤独死の存在 »

August 07, 2009

はかなさ、幸せのリトマス試験紙

つかの間に過ぎ行く人生とか云えば、幸せな時間がある証拠ではないか?と思う。永遠であって欲しいと思うことは、幸せな人生のひと時をもっている証拠ではないかと。

つかの間に過ぎ行く、はかなさに目を向けるのか、過ぎて欲しくないと思う幸せの存在に目を向けるのか、大きな違い。

一方、長々と続く人生とか、長い人生とか云えば、何か退屈な時間も連想してしまう。長々と感じる人生は、早く終わっても好いと思うような、不満足な人生も暗示されているようにも思う。

つかの間に過ぎると感じる程、幸せ度合いを測れるようにも思う。

はかなさの感覚は、幸せのリトマス試験紙かも知れない。


|

« 地下鉄の窓の鏡、喜劇俳優との出会い | Main | 荘厳で、心地好い孤独死の存在 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 地下鉄の窓の鏡、喜劇俳優との出会い | Main | 荘厳で、心地好い孤独死の存在 »