« 蝉のメスになった気持ちで蝉の声を聴いてみる | Main | 天丼に感涙、大牟田"志まや" »

August 17, 2009

弟にプロレス技、そしてオリーブ先生との遭遇、2009年夏

今年は14日から16日、3日間、九州大牟田に帰省した。実家では、9歳違いの弟に、じゃれついて、久しぶりに、プロレス技のキーロックをかけて、愉しかった。そばで見ていた、弟の奥さんや、弟の子供達は、あきらめて笑っていた。子供達はもう、大きくなったし、お馬パッカパッカと背中に乗せることは出来ないし、弟が小ちゃかった頃を想い出し、プロレス技を教えてやった。弟は、兄ちゃんの相変わらずの馬鹿ぶりに、ただ苦笑いをしていた。

大牟田警察署付近のスーパー「まるしょく」に、たまたま、子供時代によく食べた、「塩クジラ」は無いか探しに入ったところ、懐かしい「塩クジラ」は無かったが、スーパーの中で、何と、高取小学校時代の女先生を偶然見かけた。とても穏かな表情で、ご夫婦で、買い物されていた。背が高く、痩せ型で、ポパイに出て来るオリーブに似てらっしゃった感じで、私は、姓名は忘れていたが、「あっつ、オリーブ先生!」と想い出した。

せっかくのこの再会と思い、神の導きと思い、近づいて、「以前、高取小学校の先生ですか?」と話しかけた。「そうです」と笑顔で答えて頂き、数分、話もすることが出来た。私が、覚えていたことを喜んでくださった。たまたま持ち合わせていたカメラで、先生の写真も撮らせてもらった。

3日間の短い帰省だったが、小学生時代を、現実のように、また巻き戻して、見る想いであった。小学生の時に聴いたように、大好きな、ワシワシ蝉の声をいっぱいに聴きながら、故郷の三池山も、微笑んでいた。

|

« 蝉のメスになった気持ちで蝉の声を聴いてみる | Main | 天丼に感涙、大牟田"志まや" »

Comments

いつも楽しくブログを拝見しております。

キーロックを弟さんにかけれるなんて本当にすばらしいですね。昔キーロックでブルーノ・サンマルチノの腕が白くなっていったのを思い出します。ところで、大牟田といえば、「世界の荒鷲」坂口征二の故郷ではなかったでしょうか?次回お目にかかったときは、是非プロレスのお話をお願いします。

小学校の先生との再会もすばらしい出来事でしたね。私の方もつい先日、「あぁ、あの先生どうされてるのかな?今もご健在だったらもう80歳だな」なんて考えていたところです。

これからもブログを楽しみにしています。

Posted by: ジャンボ松本 | August 17, 2009 at 07:46 PM

ジャンボ松本さん、キーロックとかよく知ってますね。嬉しくなります。当時は、大変な必殺技でした。今は大した技でもなく感じ、楽しめます。

今度来日された時は、プロレス談義も楽しみにしています。

Posted by: life-artist | August 18, 2009 at 12:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 蝉のメスになった気持ちで蝉の声を聴いてみる | Main | 天丼に感涙、大牟田"志まや" »