« 東京23区内、最高峰の山 | Main | 地曳網の光景 »

July 11, 2009

遠足の前日の子供のように

生も死も、喜びでもなく、悲しみでもないと思う、ただ自然の営み。

生は、朝の光の清々しい輝き、小鳥の声。

死とは、一日の終わりに、追憶の中で、オレンジ色に輝く夕日を眺めるような、穏かな安らぎ。明日の遠足を夢見て、そわそわして、枕元にリックを置いて寝る子供のように、床につけばよい。

毎日、生と死を繰り返していて、その集合体が人生なのではないかと、私は考えてみる。

朝に、生まれる清々しさを感じ、夕べに、終わり逝く夕日の輝きを見て、次の日の新たな朝を感じて眠る。

生とか死とかは、大自然のリズムやうねりのようなものではないのかとも思う。

私は、死を考える時、「遠足の前の日」と云う響きが好きだ。

|

« 東京23区内、最高峰の山 | Main | 地曳網の光景 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 東京23区内、最高峰の山 | Main | 地曳網の光景 »