« 人生、遠くから見るのも好し | Main | 電車のホームでの滑稽シーン遭遇 »

July 03, 2009

想像の中で語りかける人の存在、人生の喜び

現実に会わなくても、心の中で、いつでも自由に話せる人がいることは、幸せなこと。

既に亡くなった人でも、それは関係ない。よく会う人か、余り会わない人かも関係ない。結局、もう今生では、二度と会えない人であるかも知れないが、そんなことも関係ない。

今までの人生で、会えたことで、とても影響が大きかった人、影響のマグニチュードが大きかった人。

想像の中に親しい人がいれば、心の中で、いつでも自由に語り合える人がいれば、それはとても幸せなこと。嬉しいこと。人生の喜び。

物理的に、誰かと一緒にいることにこだわらず、心の中の自由な世界に、そのような親しい人がいることが、人生の喜び。それは、物理的に一人でいる時間でも、全然孤独を感じない境地。

|

« 人生、遠くから見るのも好し | Main | 電車のホームでの滑稽シーン遭遇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 人生、遠くから見るのも好し | Main | 電車のホームでの滑稽シーン遭遇 »