« 「物欲消滅」 | Main | 「一度」 »

July 14, 2009

奴隷開放のような開放感体験

私は長年いた会社を7年前に早期退職した時、奴隷開放のような、何とも云えぬ開放感を味わった。

男性の場合は、開放されるべき重荷は、仕事であると云う。

女性の場合は、開放されるべき重荷が、何と「夫」であるとの、週刊誌の記事に、内心大笑い。余りにも、滑稽な人間関係の存在。

男は、進んで仕事を見付け、あげくのはては、奴隷の気持ちで開放を願うか。女は、進んで伴侶を見付け、あげくのはては、奴隷の気持ちで開放を願うか。

共に、傑作な人生展開、人生の悲劇・喜劇。

「重荷にならぬ仕事」、「重荷にならぬ夫」。これが、良い人生のわかり易いキーワードだな。なんて、妙に納得しながら、考える。

|

« 「物欲消滅」 | Main | 「一度」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「物欲消滅」 | Main | 「一度」 »