« 世代をつなぐ共同修業 | Main | ジオラマ・蟻ん子・シルバニアランド »

July 17, 2009

ダイヤモンドと石ころ

「ダイヤモンドと石ころが同じに見える」境地。これが修業の度合いを知れる境地だと思う。考えるだけで、嬉しくなる境地。

大自然、宇宙にとっては、ダイヤモンドも石ころも、差はない。宇宙を構成する一物質。原子の世界では、組み合わせの違いに過ぎない。波と大海のようなもの。波に惑わされれば、大きな差として見えるだけ。

それぞれの存在に、大きな価値や少ない価値を付けるのは、人間のエゴの所産。滑稽な、惑わし。

「ダイヤモンドと石ころ、大差なし」、私はそんな、生き方をしたい。

エゴ性の放棄も、これで測れる。

|

« 世代をつなぐ共同修業 | Main | ジオラマ・蟻ん子・シルバニアランド »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 世代をつなぐ共同修業 | Main | ジオラマ・蟻ん子・シルバニアランド »