« 奴隷開放のような開放感体験 | Main | 世代をつなぐ共同修業 »

July 15, 2009

「一度」

「一度」と云う言葉の意味を、これほど深く、感じたことがあっただろうか。

ピアニストの辻井伸行さんの言葉だと云うのを聞いた。

「一度だけ、僕の目が見えるのが叶うなら、また、すぐ見えなくなってもかまわない。僕は、お母さんの顔を見たい」と。

またすぐ見えなくなってもかまわない、一度、お母さんの顔をみれば、長い人生、一生、その面影は脳裏に焼きつく。

一度だけ見た光景でも、人生に強烈に残るシーンがある。

「一度」と云う言葉に、秘められた覚悟や憧れ。人生の美を想った。

|

« 奴隷開放のような開放感体験 | Main | 世代をつなぐ共同修業 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 奴隷開放のような開放感体験 | Main | 世代をつなぐ共同修業 »