« 想像の中で語りかける人の存在、人生の喜び | Main | 48粒の米 »

July 04, 2009

電車のホームでの滑稽シーン遭遇

昨日、会社帰り、夜8時半頃、東急線、中目黒から横浜方面へ向かう途中。

学芸大学のホーム、屋根があるホームなのに、気づかずに、堂々と傘をさして歩く中年女性を発見して、思わず失笑。

気づかないのか、呆けなのか。道路を歩いている様子と全く同じ。

あっけにとられるような傑作シーンに、「だから人生やめられない」と思った。

しばらく、想いだし笑いにさいなまれるかも知れない。

|

« 想像の中で語りかける人の存在、人生の喜び | Main | 48粒の米 »

Comments

私も、アーケードや軒下でやってしまうことがあり、我ながら苦笑いすることがあります。

Posted by: のほほん | July 04, 2009 at 02:42 PM

のほほんさん、確かにアーケードもありそうですね。その光景も、一生のうちで、お目にかかりたいですね。傑作です。

のほほんさん自身が、それをやることがあるとは、「役者」ですねー。

Posted by: life-artist | July 05, 2009 at 07:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 想像の中で語りかける人の存在、人生の喜び | Main | 48粒の米 »