« 電車のホームでの滑稽シーン遭遇 | Main | 「五感は粗雑」、滑稽な真実 »

July 05, 2009

48粒の米

シベリア抑留された人が初日に、渡された食料が、一人48粒の米であったと云う。

シベリア抑留体験の方のご縁の人から聴き驚いた。私は、自分でも毎朝食べる米粒を、48粒数えて試た。

10個づづ数えても、48個にしても、それは、余りにも僅かで、靴に付いた砂ほどにしか見えなかった。

48個の容量から目分量で推定すると、毎朝、私が食べる1合の米は、たぶん、6~7万粒はあるのではないかと思った。

子供の頃、親達の世代が、どこの家庭でも、よく云っていた。「米の一粒一粒を大事にしなさい。お百姓さん達が一所懸命に作っているのだから。」

子供時代に見た、誰かの口元や頬に付いた米粒を、愛おしく想い出した。

|

« 電車のホームでの滑稽シーン遭遇 | Main | 「五感は粗雑」、滑稽な真実 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 電車のホームでの滑稽シーン遭遇 | Main | 「五感は粗雑」、滑稽な真実 »