« 抗ウツ剤500万人服用時代への警鐘 | Main | 父親の言葉の情景 »

July 20, 2009

アラブ人夫妻、日本での最後のドライブ、安房の旅

昨日は、会社のアラブ人夫妻との最後のドライブに鴨川シーワールドに行った。今月末の帰任、帰国前にと、この数ヶ月は、よく、東京近郊の色々な場所に、週末よく出掛けた。

昨日は、最後とあって、私の娘も加わって4人のドライブだった。ちっちゃい子供達に混じって、シーワールドのシャチや、白いイルカ(ベルーガ)のショーも見た。館内の展示では、大きなマンボーも見た。マンボーってSun Fish(太陽の魚)と云う英語が面白い。アメンボーは、Pond Skater(池のスケーター)と云うのも、傑作英訳だと、私は笑った。

近くの勝浦にも行って、風速18メートルの大波の中、勝浦海中公園の海中展望塔(水深8メートル)にも入って見た。強風の中、海の上を、展望塔へ歩くブリッジが、ドキドキする面白い体験だった。

アラブ人夫妻にも、また私の娘にも、私にも、生涯の忘れえぬ、楽しい想い出のドライブになったと思う。毎回、ドライブの度に作った写真のCDを、彼等も娘も私も、将来、人生の幸せな時として、微笑ましく想い出す日が来ることだろうと思う。

|

« 抗ウツ剤500万人服用時代への警鐘 | Main | 父親の言葉の情景 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 抗ウツ剤500万人服用時代への警鐘 | Main | 父親の言葉の情景 »