« コンピューター用語と禅 | Main | 観察する世界、変えようと試みる世界 »

June 20, 2009

社長・会長のあと、経理事務の奉仕

一昨日、聴いたコンピューターソフトの会社の会長は、将来、会長退任後どうされるのかを問われた時、今でも、ある若い起業家の経理事務をボランテイアでやっているとのことであった。

一人でリサイクル関係の仕事をして、飛び回って苦労している若い起業家の苦労が、放置出来ず、経理事務をやってあげてるとのことだった。

「人は、ナンセンスとか、何してるのと不思議がるが、私は、目の前の困った人を放って置けないんです。」との言葉だった。魂が浄化されてる人の例を、現実にみる思いだった。

|

« コンピューター用語と禅 | Main | 観察する世界、変えようと試みる世界 »

Comments

Life Artist様

当地は今朝から本格的な梅雨入りです。

雨音も風情あり。食いしん坊の私は伸びる稲を思い浮かべながら聞いています。

さて、今朝のお話ですが、
布施・喜捨という言葉をイメージしました。

Posted by: のほほん | June 21, 2009 at 07:37 AM

のほほんさん、梅雨の候、鎌倉の紫陽花を想い浮かべ、近々行きたいと希望しています。

布施・喜捨が自然に実践出来る魂のレベルは、かなり穏かな充実した人生だろうと憧れます。

コメントありがとうございました。

Posted by: life-artist | June 21, 2009 at 08:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« コンピューター用語と禅 | Main | 観察する世界、変えようと試みる世界 »