« 「あっ、500系だ」と、つぶやく | Main | 「ゆずり葉」 »

June 24, 2009

神社・寺院・教会・モスクの左右対称の意味するものの想像

昨日、異業種勉強会の帰り電車の中で、造園業を営む人から、神社・寺院の建物など、左右対称に造られているのは、自然界にはない形で、人間を強調しているのではないかとのコメントを聴いた。

私は、ハっと思った。寧ろ、人間は本能的に、宇宙の法則を見抜いて、左右対称を、憧れ、信仰の対象にしているのではないかと。そして、その中心に神の座がある。プラスでもマイナスでもない均衡した場所に。

マイナス5は、プラス5を生む。プラス10はマイナス10を生む。シーソーのように、作用は、同じ力の反作用を生み出す。大自然、宇宙の法則は、そのように造られている。

人間の内奥に潜む、神・即ち宇宙の法則への憧れが、神社・寺院・教会・モスク・ピラミッドなどの左右対称の形状に現れているのではないかと、私は想像し、何かちょっとした発見をした気持ちになった。

|

« 「あっ、500系だ」と、つぶやく | Main | 「ゆずり葉」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「あっ、500系だ」と、つぶやく | Main | 「ゆずり葉」 »