« スズメの声、新聞配達の人のバイクの音 | Main | 100年後の校風、風紀委員 »

June 09, 2009

おとぎ話のような、街の営み

昨日、会社の帰り、7時頃、東急線・白楽駅で改札を出た時、語学学習ヒッポクラブのメンバーの人のご主人に偶然出会った。立ち話で、6月末のヒッポの特別な会に是非、出席して下さいと誘われた。

白楽商店街の中の居酒屋で、ちょっと一杯の焼酎お湯わりの後、夕食を食べてたら、町内会の幹事の人に偶然出会った。今度の夏祭りの打ち合わせは、7月半ばと聞いた。

行き付けのジャズ喫茶に入ると、今度、商店街のおかみさんの会は7月の3週目の日曜日とのこと。今度は、「すいとん」と「いなり」が出ると云う。千代田湯では、落語や講談の会も予定されていると云う。ジャズのライブのパンフレットももらった。

次回の商店街の「ドッキリ闇市」は6月20日の夜だって。張り紙に書いてある。

「六角橋ふれあいの街」と、垂れ幕がかかるアーケードを、周りを楽しく見まわしながら歩いた。おとぎ話のような、街の営み。

|

« スズメの声、新聞配達の人のバイクの音 | Main | 100年後の校風、風紀委員 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« スズメの声、新聞配達の人のバイクの音 | Main | 100年後の校風、風紀委員 »