« 英語ギャグ | Main | 人間合格、人間当選 »

June 29, 2009

雨の江ノ島、人生の旅

昨日は、アラブ人夫妻を江ノ島に案内した。私自身も江ノ島の展望台や、洞窟や、「稚児が淵」と云う海辺の岩場は初めてだった。傘をさしての散策だったが愉しかった。彼らが、ナメクジを見付けて、お玉じゃくしだと云っていたのも可笑しかった。洞窟付近では、岩場に「フナ虫」もみつけた。

展望台付近のしゃれた小さなフレンチ・トーストの店は、代官山っぽい、カッコイイー店だった。眺めも最高で、人気があり、20分~30分待ちの予約制だった。江ノ島の頂上からみる対岸の景色は、モナコの海岸のようにも、カッコよく見えた。

7月末で、アラブに帰任してしまう若いアラブ人夫妻は、何だか、自分の弟夫妻・子供夫妻のようにも思えて、旅が名残惜しい。はしゃぐ彼らに、無邪気な若さを感じて、転勤の別れではあるが、子供の巣立ちのような、ミックスした感情が湧く。昔、たぶん両親が私に感じたであろう感情を想う。人生の転機に、激励して送り出す気持ちと、寂しさのミックスした気持ち。入学・卒業・転勤の季節に感じる何とも云えない気持ち。

人は皆、旅人。そして私も旅人。海も、山も、街も、それぞれの出会いの、旅の時を想い出させる。

|

« 英語ギャグ | Main | 人間合格、人間当選 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 英語ギャグ | Main | 人間合格、人間当選 »