« 被害者の親、加害者の親 | Main | 年下が率いる社会、世界への想い »

June 17, 2009

小さな石川五右衛門・ロビンフッド

以前は、海外で、ホテルで荷物をもってもらった時や、枕もとに置いて置くチップなど、面倒で心地よくは無かった。

でも、座禅を学んでから、私に変化が現れた。

生活が貧しそうな人へのチップは、寧ろ快くあげる気持ちになった。(レストランへのチップは、そうは思わないが)

お金持ちから、お金を稼いで、貧乏な人へ配ると思えば、チップでも、小さな石川五右衛門や、ロビンフッドではないかと思える。

|

« 被害者の親、加害者の親 | Main | 年下が率いる社会、世界への想い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 被害者の親、加害者の親 | Main | 年下が率いる社会、世界への想い »