« 社長・会長のあと、経理事務の奉仕 | Main | 旅のはしご »

June 21, 2009

観察する世界、変えようと試みる世界

幼児の頃、子供の頃は、周りの世界は、全て、観察する世界だった。好奇心や興味で、世界を観察する日々だった。

そしてその後、青年期に入ると、世界は観察するより、こうあるべきと、変えるべき世界に見え、ちょっと傲慢になっていたのではないかとも、今は思う。

人間が人間の知恵で、世界を変えようとすることも含めて、それでも、大きな自然の中では、法則の中では、調和しているのではないかと今は思う。どんなにあがいても、お釈迦様の手の平の上であったように。

そして今、再び、観察する世界に、戻って来た境地を感じる。

「二元に遊ぶ境地」が、私の求める境地。

|

« 社長・会長のあと、経理事務の奉仕 | Main | 旅のはしご »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 社長・会長のあと、経理事務の奉仕 | Main | 旅のはしご »