« 愛おしい虫の生態 | Main | 被害者の親、加害者の親 »

June 15, 2009

限りなく、守り尽くされてる世界

全ての存在は一つのはたらき、全ての物質的現象が、一つの生命として見えてくる境地があることを住職から聴いた。

日常の喜怒哀楽は、問題なし。それは一つの景色。

「全ては、限りなく、守り尽くされて、存在する。」

自己の内面が、外の世界へ向かうのではなく、外の世界が全て自己の内面に入って来て、内と外が一体化し、統一、均衡する。それが宇宙と云う感覚。

大安心、絶対大丈夫の世界の存在を垣間見る。

|

« 愛おしい虫の生態 | Main | 被害者の親、加害者の親 »

Comments

毎回楽しみに読んでいます、ひそかに。さて、、文中の「働き」なんですが、「用き」という漢字をあてるのがよいと、どこかで知りました。

Posted by: ハンス | June 15, 2009 at 06:41 AM

ハンスさん、確かに"はたらき"は、漢字で書くなら"働き"より"用き"と云うのがぴったりのようです。"働き"はちょっとニュアンスが確かに違うようにも思います。

一般的には"用き"と云う言葉は、なかなか見かけませんので、今回はひらがなに訂正しておきます。ありがとうございました。

Posted by: life-artist | June 16, 2009 at 06:46 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 愛おしい虫の生態 | Main | 被害者の親、加害者の親 »