« モンゴル帝国と米国の共通点、そして滑稽な石油価格 | Main | 鎌倉時代、比企家の悲劇 »

May 31, 2009

寝たフリする乗客が多い電車の話、可愛い発見

横浜市営地下鉄は、電車の中で、寝ている人が圧倒的に多いのだそうだ。何故だかと云うと、全席年配者等への優先席であることに関係があるあらしい。

若い乗客でも、目を開けてると、あとから入って来た年輩者に席を譲らねばならない。良心の呵責に悩まないために、寝たフリをしている人が多いとの説である。そんな乗客も、寝てる割には、目的の駅が来ると、目が覚めて、スゴスゴと降りて行くと云う。

席を譲りたくない自分に、良心の呵責に悩まないために、寝たフリをしておくと云うのは、自分の中に神様がいる証拠ではないか。これは、普通の人間に対する、可愛い発見だと思った。

普通の人間の中に、密かに潜む神の発見。曇りを取り除けば、見えて来る神。可愛い神の発見ではないか。

|

« モンゴル帝国と米国の共通点、そして滑稽な石油価格 | Main | 鎌倉時代、比企家の悲劇 »

Comments

life-artistさん こんにちは^^

>自分の中に神様がいる証拠ではないか。
神様はおられるのですよ。

>若い乗客でも、目を開けてると、あとから入って来た年輩者に席を譲らねばならない。
列車通学をしていて頃、席が空いていても立っていたので車掌さんに注意をされていたことを思い出しました。今は、本当は座りたいのですが席を譲られたら複雑な心境になるのではないかと思っています。

Posted by: リリー姫 | May 31, 2009 at 03:29 PM

リリー姫さん、コメント有難うございました。5月31日からロンドンへ行ってまして、今日(6/7)帰って来ました。ロンドンでは、ホテルのパソコンで、日本語入力が出来ず、遅くなりすいませんでした。

Posted by: life-artist | June 07, 2009 at 09:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« モンゴル帝国と米国の共通点、そして滑稽な石油価格 | Main | 鎌倉時代、比企家の悲劇 »