« 不幸の表現は自然、幸せの表現は滑稽 | Main | 守谷のパン、小田原 »

May 03, 2009

"如雨露"と云う当て字の美

昨日、ちらりと見た新聞に、俳句が書いてあり、その漢字に吸い寄せられる想いがした。"如雨露"と云う漢字である。

"じょうろ"とフリガナが打ってあり、"ジョウロ"と云う懐かしい響きと、雨露の如しと云う表現に、何という、詩のような漢字だろうと、そんな漢字の存在を知るだけで豊かな気持ちになった。

「パンジーや 如雨露の水は 風に散り」

如雨露の語源は、もともとはポルトガル語で、"如雨露"とはその発音に真似た、当て字とのことであった。

これは、"当て字文学"ではないか、とその美しさに感銘を受けた。

|

« 不幸の表現は自然、幸せの表現は滑稽 | Main | 守谷のパン、小田原 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 不幸の表現は自然、幸せの表現は滑稽 | Main | 守谷のパン、小田原 »