« 3日間が3年のような想い出の旅、 | Main | 黙祷が恒例の同窓会 »

May 07, 2009

仲の好い夫婦、仲の悪い夫婦、それぞれの光景

今回、観光来日したノルウェーの友人夫妻は、結婚39年の仲の好い夫婦であった。観光案内している間、時折手をつないだり、ちょっと微笑ましくもあった。同時に、39年の結婚生活を、監獄だよとか冗談も云っていた。

今の私は、仲の好い夫婦、仲の悪い夫婦、それぞれに、人生の味わいとすれば、等しく素晴らしいと云う境地を感じる。

仲の好い夫婦にも、相手を喪失することへの怖れや、ちょっとした秘められた違和感、漠然とした不安など、悩みに於いては、仲の悪い夫婦に引けはとらないとも思う。

仲の悪い夫婦は、自分を表現し尽くしている部分もあり、気楽でもある。ちょっと世間には淋しく見えることはあるが。

仲が好くても、悪くても、それぞれに、人生は素晴らしいではないかと思う。

目の前に広がる大自然を味わうように、その自然な展開を味わえば好い。仲が好くても、悪くても、どちらの境遇でも、幸せのマグニチュード、不幸のマグニチュードは、同じくらいに共に存在していると思う。

|

« 3日間が3年のような想い出の旅、 | Main | 黙祷が恒例の同窓会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 3日間が3年のような想い出の旅、 | Main | 黙祷が恒例の同窓会 »