« 問題は解決するためでなく、学ぶために | Main | 大自然の中のそれぞれの役割 »

May 14, 2009

酒は1合程度が好い、幸せも

酒は1合程度が、ほろ酔いで好い。健康にも1日1合程度なら百薬の長にもなると云う。

百薬の長にもなる酒が、止まらなくなると、身体を壊してしまう。

幸せや、お金や、出世も、同じように、未熟な人は、止まらないくらい求めてしまいがちだが、ここに身体も精神も壊してしまう要素が潜んでいると思う。人生を壊してしまうのが、貪り・怒り・愚痴。

貪りは落とし穴のようなもの。

酒は1合程度なら、百薬の長の意味が、今はよくわかる。

酒が1合程度の、幸せで好いと思う。そして、酒が1合程度の幸せなら、すぐそばにも散らばっている。

|

« 問題は解決するためでなく、学ぶために | Main | 大自然の中のそれぞれの役割 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 問題は解決するためでなく、学ぶために | Main | 大自然の中のそれぞれの役割 »