« 任運自在 | Main | 生と死の境の時間 »

April 14, 2009

可愛い図書館

先日、近くの図書館へ行った時のこと。新聞の見出しに驚いた。「イギリス商人3人殺傷」と云う、一面に大きな活字の文字。しまった。今日は、朝、新聞を見なかったかなと瞬間的に反省した。

だが、続けて見ていくと、「行列を馬で乱す」。「薩摩藩士が、生麦村で"無礼討ち"」とある。何だこりゃ?と思うと、文久2年8月21日と書いてあった。新聞などない時代。

茶目っ気のある神奈川新聞の、横浜開港記念の企画である。まさに、神奈川新聞に微笑ましく、一本やられた。

そして、近くの幼児コーナーには、おじいちゃんと孫の幼稚園くらいの女の子。"困ったさんのサラダ"と、"困ったさんのスパゲテイー"と・・・など可愛い声で絵本を選んでいた。

「困ったさんシリーズ」の幼児向けの料理の本があるらしい。その二人が書棚から立ち去った後、私も「困ったさんシリーズ」を手に取って見てみた。

近所の図書館は、まさにメルヘンだった。

|

« 任運自在 | Main | 生と死の境の時間 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 任運自在 | Main | 生と死の境の時間 »