« 生と死の境の時間 | Main | 癌を防ぐ食事法 »

April 16, 2009

100次元、200次元と無限に広がる世界

人間と云う私が、人間の五感で感じる方法で、周りの世界を見ている。

犬は、人間の何倍もの嗅覚の世界で外界を感じている。微生物は、微生物の感覚で、人間には見えない感じられない外界を持っている。

生物の数だけ、違った次元の世界が広がっているのだろうと想像する。同じ人間どうしでさえも、「群盲索象」のように、それぞれの自分の五感を通して、全く違った世界観を持っている。人間の数だけ、異次元の世界が広がっているとも云える。

無限に広がる、それぞれの異次元の世界。そして、それを外から見ている、存在もあるように感じる。

|

« 生と死の境の時間 | Main | 癌を防ぐ食事法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 生と死の境の時間 | Main | 癌を防ぐ食事法 »