« まな板のトントントンと云う音 | Main | 神様への頼みごとは不要 »

April 30, 2009

同じと感じる時、違うと感じる時

人は、他の人と同じと感じる時、安心や幸せを感じると思う。その人が大切な人であれば、なおさらのこと。

他の人と、何か違うと感じる時、全然違うと感じる時、孤独や不安や、不幸を感じる。

同じと感じる時も、違うと感じる時も、共にあって当然。それは自然界の当たり前の現象だと思う。それは、ただ面積の問題。同じと感じる領域が大きいか、小さいか。

その面積は、大きくても、小さくてもよい。

そして、同じと感じる心、違うと感じる心を、自在に虫眼鏡を当てて拡大して見るのも自分。

|

« まな板のトントントンと云う音 | Main | 神様への頼みごとは不要 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« まな板のトントントンと云う音 | Main | 神様への頼みごとは不要 »