« 一切れの「たくあん」の示唆 | Main | 江戸末期歌人・橘曙覧(タチバナのアケミ)の歌 »

March 26, 2009

林に住む段階

人生の区切りの各場面を住職は紹介してくれた。

「学ぶ時期」、「家のこと仕事のことに集中する時期」、そして「林に住む時期」、その後「遊び行く時期」

「林に住む時期」って発想は、素晴らしいなーと、うっとりした。

生活に引き回され、仕事に夢中になっても、真に社会のため、人のために働いていなければ、人生の後半には、ふさわしくない。人生の素晴らしさを味わうには、ほど遠い。

林に住むような、自然の中に身をおいて、生きていながら、千の風になったように、自由に人生を、精神世界を飛び回りたい。一元を体感し、そして尚、二元世界に遊び行きたい。

|

« 一切れの「たくあん」の示唆 | Main | 江戸末期歌人・橘曙覧(タチバナのアケミ)の歌 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 一切れの「たくあん」の示唆 | Main | 江戸末期歌人・橘曙覧(タチバナのアケミ)の歌 »