« 人間も動物も同じ材料、原子のレベルにたち返れば | Main | 例えば10メートルの人生絵巻 »

February 16, 2009

娘の人生観

昨日、娘と二人で会食した。

娘は今しか出来ない事、将来やってみたい事などについて語った。親からみれば、ちょっとハラハラするが、これも若さがもたらす、自然な願望かとも思った。

人間は、遺伝子に組み込まれた何か企画書のようなものがあり、時間の感覚もきちっと制限を設け、木々が葉を出したり、実をつけるように、その年齢に応じた興味があるのだろうと思った。私の人生もそのように展開して来たし、今もそのような、見えざる自然の摂理に導かれているようにも思う。

娘の人生観を聴きながら、自分の人生の事も思い浮かべながら、大きな宇宙の意思に委ねる事を思った。それは、どんな事があっても、神のゆりかごの中、お釈迦様の手の平の上。

|

« 人間も動物も同じ材料、原子のレベルにたち返れば | Main | 例えば10メートルの人生絵巻 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 人間も動物も同じ材料、原子のレベルにたち返れば | Main | 例えば10メートルの人生絵巻 »