« 「北風小僧の歌」の暖かさ | Main | リサイクルショップのセーターへの想い »

January 16, 2009

向丘遊園のコーヒーカップ

京王線、向丘遊園の入り口は丘の上にあった。入り口そばに、ぐるぐる回るコーヒーカップの遊具は、この15年くらい、ずっと、また行きたいと気にかかっていた。

大きなコーヒーカップの中に二人が座れるようになっている遊具。娘は小学校に入る前の頃、これに乗って、ケラケラ笑っていた。二人で時々向丘遊園へ行った時、また乗るまた乗ると何回もせがんでいた。

つい先日、たまたま向丘遊園そばに住んでらっしゃる人と座禅で一緒になった。その方から、もう7~8年前に向丘遊園は閉鎖になったと聞き、ショックだった。とても寂しくなった。

もう、心の中でしか、あのコーヒーカップには乗れないのかと悟った。人生に鮮明に刻まれた想い出となった。

|

« 「北風小僧の歌」の暖かさ | Main | リサイクルショップのセーターへの想い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「北風小僧の歌」の暖かさ | Main | リサイクルショップのセーターへの想い »