« 目立つリスク | Main | 人生は美術館を見るが如し »

January 25, 2009

人生の支配者の変遷

子供時代は、誰が自分の人生を支配しているのか混沌として、不明だった。

青年期は、誰か、他人が完璧に、私の人生も支配しているのだと思っていた。

そして今、結局は、自分が自分の人生の支配者だったことに気づいた。

混沌とした人生、他人が支配する自分の人生に、歯軋りする様な口惜しさを感じていた。

そして今は、自分が自分の人生の支配者だったことに気付き、過去のことは、心地よい口惜しさに変わった。

全ての世界の価値観は、今は、私が決めている。だから少しでも多く、私の時間は私が決める。気合いが入る人生に思う。

|

« 目立つリスク | Main | 人生は美術館を見るが如し »

Comments

私もそういう心境に近づいています。

Posted by: のほほん | January 25, 2009 at 11:04 AM

のほほんさん、そういう心境同感頂けて、嬉しく思います。

Posted by: Life-Artist | January 25, 2009 at 10:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 目立つリスク | Main | 人生は美術館を見るが如し »