« 目に見えない視界が拡がる時 | Main | 忙しいけど退屈な人生,暇だけど退屈ではない人生 »

January 09, 2009

自然の中に溶けゆく気持ち

数日前の朝、たまたま聴いた、TVのNHK俳句の数首に、大自然に溶けゆきたいような、安らぎを感じた。

「往き暮れて 雨漏る宿や 糸ざくら」蕪村。 糸ざくらの下で休む旅人蕪村を思う。

「くれないと云う 重さあり 寒椿」健和田柚子。雪囲いの中、真っ白の中のくれないを思う。

「傘さして あられの的に なりにけり」投稿。あられと戯れたい気持ちになる。


|

« 目に見えない視界が拡がる時 | Main | 忙しいけど退屈な人生,暇だけど退屈ではない人生 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 目に見えない視界が拡がる時 | Main | 忙しいけど退屈な人生,暇だけど退屈ではない人生 »