« 室町時代を生きる? 1430年 | Main | 無常観を越えて »

December 14, 2008

母と子の別れ

住職が幼児のころの母との別れの場面の話を聴いた。

「母は、電車のホームで、泣いて近づく私を、鬼の形相で、遠ざけた。そして、ホームの陰で、じっと目を凝らせて、遠くから私を見つめ続けた。親戚の人が、私を手を引いて連れて行ってくれるまで、ジーと、隠れてこちらを見続けていた。」

それが、住職の、修行への導きであったと云う。どちらに転んでも、安心と云う境地は無いのかと。

|

« 室町時代を生きる? 1430年 | Main | 無常観を越えて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 室町時代を生きる? 1430年 | Main | 無常観を越えて »