« 自転車の引き取りの旅、大作戦 | Main | アラブ人夫妻との伊豆へのドライブ、人生の絵日記 »

December 08, 2008

柔道一直線、吉沢京子さんファンクラブ会合出席

高校時代の友人に案内をもらって、初めて吉沢京子さんのファンの集いに行ってみた。ファンクラブの類は、今まで行ったことは無かったが、懐かしいアイドルに会えると云う願ってもない機会なので、喜んで参加した。

当時、TVで、一世を風靡したアイドルと、30名くらいの会合で、今このように穏かに会える機会が来ようとは、人生の展開を不思議に思う。

芸能界は平坦な道ではなく、色々な苦しみ、葛藤も経験されて来られただろうが、清純なイメージは変わらず、会えて、大変嬉しく思った。

丁度、昨日の朝、TVの新日曜美術館で、米国の画家アンドリュー、ワイスの静かな寂寥とした絵の魅力について、「自分にとって何が愛おしいか、振れない価値観」があるとゲストの方が紹介されていたが、その様な価値観が、今の吉沢京子さんは、あることを感じた。

|

« 自転車の引き取りの旅、大作戦 | Main | アラブ人夫妻との伊豆へのドライブ、人生の絵日記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自転車の引き取りの旅、大作戦 | Main | アラブ人夫妻との伊豆へのドライブ、人生の絵日記 »