« 自在に今を生きる感覚 | Main | 室町時代を生きる? 1430年 »

December 12, 2008

若者の群れに潜入

昨日夜、LPG業界の新入社員など若手社員有志が集まる立食パーテイーに飛び入り参加した。数日前に情報を知り、茶目っ気をだして、私も出席させて下さいと、幹事さんにお願いをした。

何と、場所もかっこ好い西麻布。マンション風の建物の中のサロンで立食パーテイー。商社・元売、船社、トレーダー、メデイアなど約60名の20代、30代の若い男女の社員が大勢参加していた。これは、私にとっては、まさに潜入という感じであった。

余り、ゆっくり話したことの無い若手の方々と、ワインを飲みながら、リラックスして話すのは、とても楽しかった。

今朝、6時のNHKニュースでノーベル賞受賞の益川さんが、ノーベル賞受賞の晩餐会のことを、自分が絵本の中に入り込んだみたいだったと表現していた。私も、昨日は、30才前後の頃の、私の人生のアルバムの中に潜り込んだようなものだった。

|

« 自在に今を生きる感覚 | Main | 室町時代を生きる? 1430年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自在に今を生きる感覚 | Main | 室町時代を生きる? 1430年 »