« 育てるものではなく、見つけるもの | Main | アブダビで、娘がハサミに描いたと云うケロッピー?の絵の存在 »

December 04, 2008

アッという間に終わらない日々

この数日、休日もとったこともあるが、変化が際立つ、小さな驚きいっぱいの数日だった。変化は、ただ変化を見るだけでも、面白い。

日曜日は、産業カウンセリングの団体のセミナーに参加して、グループワークを通して、人それぞれの思考の特異な受信機ぶりに、改めて驚いた。

月曜日、火曜日は、休暇をとって、妹も参加する、女性のエステ・パーテイーのボランテイアの写真係り。みなとみらいの273mのロイヤルパークホテルの66階スイートルームを使った、ゴージャスなエステ・パーテイーで、それぞれの参加者の晴れ姿の写真を撮る係りをした。私はスーツ姿で、黒一点の異次元体験。

火曜日の夜は、横浜家裁の、調停委員の有志忘年会に久しぶりに参加した。今でも、私は、男性調停委員体験者では、最若手だが、2年前までやっていた調停の仕事のことを想い出す。ある調停委員の方が、ボランテイアで長年続けてらっしゃる、視覚障害者の為の「音声訳」という朗読にも驚いた。気づかないうちにも、地味にも素晴らしい社会貢献をされてることがわかった。

昨日は、通常の会社へ復帰し、夜、Shell さんのパーテイーに出席。業界の知人・友人に会って、石油の話や、経済の話。ちょっと、軌道を通常モードに修正した。そして、決して、アッという間に終わらない日々を、実感した。

|

« 育てるものではなく、見つけるもの | Main | アブダビで、娘がハサミに描いたと云うケロッピー?の絵の存在 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 育てるものではなく、見つけるもの | Main | アブダビで、娘がハサミに描いたと云うケロッピー?の絵の存在 »