« 金メダルのような想い出 | Main | 「いかだ」を捨てる域 »

December 22, 2008

神を求める心とは、

「神を求めると云うことは、サターン(悪魔)に追いかけられてる証拠です。」と、住職は云う。

強くなりたいと願う人は、自分が弱いと思っているから。

だけど住職は云う。思い通りに強くなった人間は、破滅・崩壊へ向かうと。

人は、悟りに迷い、賢者は、「迷いを悟る」と云う。

「サターンがいなければ、神は存在しない」との世界が、微かに見えて来る。

|

« 金メダルのような想い出 | Main | 「いかだ」を捨てる域 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 金メダルのような想い出 | Main | 「いかだ」を捨てる域 »