« 無常を見る目 | Main | 楽しい夢体験、そして子供達との別世界 »

November 10, 2008

驚きの混ぜご飯、そんな一日

昨日午前中、初めて気功・太極拳の入門体験をした。気功・太極拳が、動く禅であることを体感し気合が入った。

昼は、大学時代の民族舞踊研究会の大同窓会に出席。消息不明になった私の親友が、当時憧れていた女性も出席していた。当時、彼と語り明かした大学の寮・居酒屋の情景、彼の情熱なども想いだした。

当時、慣れ親しんだ、ミザルーと云う静かな踊りの曲に、今更ながら、人生の深い味わいを感じた。

夕方、白楽駅に帰って来たところ、祭りの打ち上げで酔っ払った町内会の青年団と遭遇、居酒屋に連れて行かれて、また宴会。私は、通行人Aとして宴会に参加、お得意のギャグを見舞ってやった。

締めは、独り行きつけのジャズ喫茶で、一日を振り返りながら、一日の新鮮な展開に、内心、幼児のように目を丸くした。哲学と、情熱と、ユーモアの混ぜご飯のような一日だった。

|

« 無常を見る目 | Main | 楽しい夢体験、そして子供達との別世界 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 無常を見る目 | Main | 楽しい夢体験、そして子供達との別世界 »