« 神田古本祭り&神奈川大学文化祭 | Main | 208年、赤壁の戦い、そして人生を詠う »

November 04, 2008

岡本太郎、茂木健一郎、芸術的人生の魅力

今回の連休、強く印象に残った出合いがある。それは、故・岡本太郎著作の「強く生きる言葉」と、茂木健一郎氏の講演会だった(丸ノ内丸善書店)。

神田古本祭りで見付けた岡本太郎の本の中に、彼の言葉があった。「僕は幸せ反対論者なんだ。つまり、簡単に云ってしまえば、人間が、幸せと思っている時は、一番死が遠ざかった時なんだ。これは生きがいを失った時になる。そんな幸せ、僕は欲しくないね」。彼の絶えまない情熱が伝わって来る。

脳科学者・茂木健一郎氏は、TVマスコミで見る印象とは全然違って、彼は芸術家だと思った。知的探求を彼は、一種の偏愛、果てしない憧れのようなものですと表現した。世間一般の価値とは隔絶した世界を彼は持ち、人生そのものに恋しているよう、なみずみずしさがあった。

連休中の、素晴らしい出会いだった。久しぶりの会社が、もう何年も経ったように感じる。

|

« 神田古本祭り&神奈川大学文化祭 | Main | 208年、赤壁の戦い、そして人生を詠う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 神田古本祭り&神奈川大学文化祭 | Main | 208年、赤壁の戦い、そして人生を詠う »