« 自然と云う言葉の無い国、アマゾン | Main | 次の行動、つまり過去の印象・気分の集大成 »

October 06, 2008

スペースシャトルより凄い装置の発見

宇宙開発のスペースシャトルは、様々な精巧なシステムを詰め込んだ、人間の知識・科学の粋を集めた莫大な価値のある機械。何万と云う、設計書が組み込まれていることだろう。1回の打ち揚げ費用が800億円と云われるスペースシャトル。

一方、人間の身体は、60兆の細胞と云う生物からなり、そのスペースシャトルの何万倍のシステムが詰め込まれた神秘の装置。人間が何年かけても、人間の叡智を、どんなに重ねても、設計して造り出すことは不可能。

人間の身体をもって、いま生きていることの財産は、測り知れないことに気づく。

もう、人生で起こる殆どのことは、誤差の範囲。どちらでも好い。

宝くじよりすごい、もうこんなに素晴らしい装置を授かって、あれこれ云うことは無い。ただ、自分の持ってる、このスペースシャトルよりも、遙にすごい装置に、驚嘆し、感謝する。

|

« 自然と云う言葉の無い国、アマゾン | Main | 次の行動、つまり過去の印象・気分の集大成 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自然と云う言葉の無い国、アマゾン | Main | 次の行動、つまり過去の印象・気分の集大成 »