« 幻のお金が消えたら、石油も下がって来た | Main | 「知ること」、即ち、「畏敬と感謝」 »

October 09, 2008

別れへの耐性の変化

今もし、両親が生きていたら、別れることが辛くて辛くて、耐えられなかったかも知れない。

両親を亡くした時は、何か、他のことに気を取られ過ぎて、その辛さは、今よりもずいぶん、少なかったように思う。

自分にはまだ遠いものだが、誰しもある人生の寿命のようなものを感じて、ただ淡々と両親の死を受け止めていたように思う。

でも,今思えば、両親とどれだけ、話したいか、一緒にいたいか、測り知れない。人生の価値観・優先順位を間違っていた。

それでも、今、私の脳裡には、私の成長を見て、優しく、微笑んでいる、両親の姿が見える。

今、両親が生きていたら、別れの辛さは、測り知れない。

|

« 幻のお金が消えたら、石油も下がって来た | Main | 「知ること」、即ち、「畏敬と感謝」 »

Comments

共感いたします。

Posted by: のほほん | October 11, 2008 at 12:38 PM

のほほんさん、人生で味わうそれぞれの別れには、その時々の、自分の想いの深さに差がありますね。そのことも超越できればと思います。

11日ー12日、横浜ジャズプロムナード、お楽しみください。

Posted by: Life-Artist | October 12, 2008 at 05:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 幻のお金が消えたら、石油も下がって来た | Main | 「知ること」、即ち、「畏敬と感謝」 »