« 「会えなくてもよい境地」 | Main | 「私が・・の想い」、そして矛盾の肥大化 »

September 28, 2008

私が受け持った人生の間に

「消えないものは、現れないもの」、「本質的なものを求めなさい」住職は云った。

1000万年単位で見れば、全ては消えてしまう。

過去の印象・気分の総合計の、大きな雲にグルグル巻きにされた存在たる人間。人生に降りかかる問題は、解決すべき問題ではなく、ただ、学ぶべきもの。その過程は、大きな曇りを取り除いて行くことに似ている。

「生じもせず、滅することもないもの」・・・・・・。幻想のように刻々と変化するものを写しだす、永遠に不動のもの・・・の存在。

虚空世界に一杯に拡がるような、「全てが私であった」と云う境地。

私は、厚い雲をコツコツと取り除く合間に、ちらっと光を感じられるくらいまでは、私が受け持った私の人生の間に到達したい。

|

« 「会えなくてもよい境地」 | Main | 「私が・・の想い」、そして矛盾の肥大化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「会えなくてもよい境地」 | Main | 「私が・・の想い」、そして矛盾の肥大化 »