« 水平線に消えて行く、ミカン箱の光景 | Main | 効用・限界・束縛 »

September 09, 2008

小浜、仏国寺訪問

小浜の仏国寺を初めて訪れたのは9月6日(土)もう暗くなって、19:00頃だった。1時間に1本くらいの小浜線で、東舞鶴から小浜へ到着した。そして、早速、念願の原田湛玄老師とお会いすることが出来た。

坐禅の基礎的なことの指導を受けただけのことであったが、初めてお会いして、少し会話を交わしただけで、念願が叶い、それで十分であった。言葉ではなく、雰囲気でもう、その人のエネルギーはわかるような気がする。

その日の夜は2回、坐禅をして、翌朝は5時起床、体操・坐禅・作努とスケジュールをこなした。駅からさほど離れていないが、時おり野生の猿も近づくと云う、静かな山合いにある仏国寺。朝、緑に包まれ、小雨に煙る仏国寺の境内を、しげしげと眺めた。そして7日は午前中で、仏国寺を後にして、また横浜への帰路についた。

いつかは、実現させたいと願っていた、仏国寺訪問・原田湛玄老師との会見は、こうして実現した。私の人生で、必ず成すべきことの一つであった。

|

« 水平線に消えて行く、ミカン箱の光景 | Main | 効用・限界・束縛 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 水平線に消えて行く、ミカン箱の光景 | Main | 効用・限界・束縛 »