« 不幸に鈍感な人生 | Main | 「これで、いいのだ」の哲学 »

August 09, 2008

主人公か脇役か

自分から見れば、自分は花びらの中心。他人から見れば、自分は脇役。

自己診察して診ると、自分を中心に考える時の滑稽な異常心理を発見。

自分を脇役と考える時も、やはり滑稽な病的心理を発見。

結局、花びらの中心でも、脇役でもない。

ただ、人それぞれが、ドーンと、堂々と、荘厳なまでに、独立して、対等に存在している。

そう考えると、嬉しいやら、哀しいやら、そして可笑しくもある。

|

« 不幸に鈍感な人生 | Main | 「これで、いいのだ」の哲学 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 不幸に鈍感な人生 | Main | 「これで、いいのだ」の哲学 »