« 町内会作業、そして旭ジャズ祭り | Main | 「托鉢は午前中のみ」の示唆 »

July 29, 2008

崖の上のポニョ

今日は、会社のアラブ人代表が本社への帰国離日する日。昨日、私は彼に、沢山のお礼の言葉を述べて、夕方オフィスから送り出した。

2年前、私を、石油業界に復帰就職させてくれた。昨日は、私の人生の忘れられない恩人との別れだった。

私は、彼を送り出した日を、将来、想い出す為に、何か印象に残る事は無いかと考えた。それは、見たくて前売りチケットを買っていた「崖の上のポニョ」を見ることだった。終業後、川崎チネチッタへ行き、7時半から「崖の上のポニョ」を見た。ポニョと云う名前の由来は姿が「ポニョポニョしている」からだと云う。

それは、人間の美、生命の輝き、子供の愛くるしさが溢れていて、まさに感動する映画だった。映画を見終わった後、興奮の余り、九州の弟の家へ電話して、姪の小学生の女の子に、"「崖の上のポニョ」はすごいよ。ぜひ見なさい。"と話していた。「ポニョ♪ポニョ♪ポニョは魚の女の子♪」と云う歌も、電話でちょっと披露した。

私の人生で忘れられない恩人の送別の日、「崖の上のポニョ」が想い出させてくれる。

|

« 町内会作業、そして旭ジャズ祭り | Main | 「托鉢は午前中のみ」の示唆 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 町内会作業、そして旭ジャズ祭り | Main | 「托鉢は午前中のみ」の示唆 »